物書き編。何を書いて居るか/読んで居るか等。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 静かな息遣いが聞こえ始めて、やがて、どこか投げやりな女の人の声が聞こえた。
 それはホールの全体から。

「今日は空が、綺麗ですね」

⇒ 続きを読む
スポンサーサイト
 最近買ったもので読み終えたやつ
 →砂糖菓子の~(富士見ミステリ)
 →神様のメモ帳1(電撃)
 →神様のメモ帳2(同)

 最近買ったもので読み途中のやつ
 →ダイスを転がせ!(上)(角川)
 →A/Bエクストリーム ニコラウスの仮面(電撃)
 →二四○九階の彼女(電撃)

 最近買ったもので未着手
 →ダイスを転がせ!(下)(同)

 あとEVAの11を買わなくては。貞本編の方も好きです。

 何が言いてーのかっていうと、ラノベばかりですね、という……。
 唯一まともなタイトルたるダイスを転がせ! が自然に欄の一番上に並んだあたり、そこはかとないコンプレックスがのぞいています。何時までティーン気分なんでしょうか、何時までもティーン気分なんでしょう。終わった。

 ラノベはほら、ジャケ買いするんです。無論絵で。
 で、ダイス~はかの「ホワイトアウト」の著者さんなのですんなり入っているだけであり。
 なんというか、参考として本を買う、という方向に走ったら、書く行為自体がきつくなりそうだっていう固定観念があります。だもんで俺の読むレパートリーは酷く少ないです。活字中毒でもないし、何故書くのか、とか悩んだことも殆どない。飽きたらやめる、書きたくなったら書く。故の超絶ブランクなんでせう。

 極論俺は只のミーハーでしかなく、読書は娯楽として理解しているので、外れをひくのが人以上に至極だるく感じてるのだと思います……。それならばラノベの絵に惹かれて一気読み出来た方がなんか良い。

 そもそも物書きをやろうと思ったのが、面白いとか、感動出来る話がつくりたいなあとただ思った故なんだろう。
 漫画やアニメだと筋の通ったモノを作るのがなかなか難しい気がした、絵を描く事も出来て模写、スタンドプレー万歳。で、小説。

 けれど現実的に、小説書くにも手順というものが。
 なので、思想家の言葉を本文に引用し始めない程度に、文学の歴史を知る必要がある――具体的には名作と言われる物を追って行きたい――と思いました。

 あーちょっと思ったんですが……もしも文学部とかに行くと、こういう名著の必要性を他人たる先生に理屈として教えられながら課題として読め、という事になるんですかね……。
 当たっているとすれば、それはちょっといやかなり欝だな……こういう部分「のみ」について云うなら理工学部万歳かもしれない。

 石を投げないで……!

 情報集めて本屋巡りでもしてみようと思います。
 ――休みに入ったらね。

// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 BitterSweet all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。