物書き編。何を書いて居るか/読んで居るか等。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 紅魔郷、妖々夢Normalまで(パッド・logicoolで)クリアしてみましたとさ。
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト

 ――サボっていた。
 生存報告までに読んだものだけ列挙しておきます。時系列は無茶苦茶です。

 残虐記(桐野夏生)
 プラチナ・ビーズ(五條瑛)
 ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ(あの人
 灼眼のシャナⅩⅤ(彼の人

 ほかにもあったような気がするが思い出せない。
 というか無かったと思う。兎に角殆ど読んでいない風味。
 漫画ではヨルムンガンド(3)、ガンスリンガーガール(9)とか硝煙臭いのが多かった。
 ガンスリンガーガールはガンオイルの香りを流涙で洗いましたけども。

 それとは関係なく、何というか不健全に参っています。
 元旦には去年のようにお参りにでも行って来ようと思いつつ。

 それくらいです。

 じゃないのかなあ、と思った。
 まあラノベ上の絵師と脚本の関係でもいいんですが、それ以外に。

 同期くらいの絵描きさんのサイトとか作品、また同期くらいの物書きさんのサイトとか作品を見ていてなんとなく思いました。後者より前者の方がカタチになっている個人の数が多いな、と。何故野球になぞらえたのかと言えば、バッターはピッチャーより早熟だという話を耳にした事があるから。
 むかぁし野球部の友人に聞いた所に拠れば、コントロールの良し悪しはメンタルに大きく関わって来るという事です。上手く表現出来ないんですが、バッティング技術を培い長打力を上げる事よりも、投手の制球力を養う方がきっと難しいという話。

 まあその、俺が殆ど長編完結力でしか物書きの力量を推し量れないからそう思うのかもしれませぬ。また見方を変えれば単に、文章の方が絵画より、相対的に『他者から見た完成』に時間がかかるってだけの話かもしれません。

 そしてバイトの話。結論から言って証明写真は無駄になりました。
 もうなんか派遣でいいや、と。
 いきなり夜勤(19時~4時)吹っかけられたのには「ぇー…」って感じでしたが――もうやると決めたからには文句は言うまい。まあ、最初に無茶を言われるのはきっとアレの風物詩。

 しかしまあ、あはは。4時って始発ないのに。終わった。
 の方がよろしいんじゃないか……? と思った。
 こう、20-50ページ区切りで投稿してコメント貰ってしまうとやっぱり次の日書けなくなるという。
 まあなんて凡人。タイプジャンキーとかではないですね。
 戦闘(ころしあい)パート来ると喜び勇んで書き続けるんですが……。
 甘ったるい恋愛描写とか家族愛とか友情とか無理、無理無理。

 ……まあ善処はしてるつもりです。
 こうですか? わかりません ><
 って感じデスケドネ……。

 一気書きもきついことはきついです。

 ん、後、甘木さんのHPをリンクに追加しました。
 ヲタ空間です。ただし知識による制圧範囲が(きっと)偏執したものとは程遠く、絨毯爆撃的なので面白い記事が多いデスヨ。

 報告要らずとのことなので此処で。
 ――被害は最小限度に食い止め得た。
 ――現時刻を以て任務を終了し帰還する。

 何の被害なの? それは 期 末 試 験 じごうじとくっていうアイツからのさ。
 何処へ帰還するの? そりゃあ文系学生にスイッチするコトに他ならない。

 ああしんどかった。何がって、試験よりこの炎天下を移動するコトが。

 手始めに、Schwert der Todesferbeとは全く違うモノを書いてます。
 一〇〇ページくらいになりそうなソレを消化して然るべき場所に投稿したらSDTに戻りまする。なんというか――もうアレとは着手してから三ヶ月向き合ってるんですねそういえば。プロット練った所から数えると最長ですか。
 まあ、今他の話書こうと思ってるのは別に目的があって。
 分割掲載は矢張りおかしいと思った。三〇〇ページ超のモノとはいえ登竜門でそういう形式を続けているのも甘えだ、と。

 だもんで、物語の『終始』を評価してもらう 試 験 テスト
 というかこれが正当な方法なんですけど……ね。スタンドプレーを好む割に、展開について他者にアドバイスいただいてしまっている感を拭おうという。
 そんな所です。

 ――というか暑い。しにたい。
// HOME //  NEXT
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 BitterSweet all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。